MPSロゴ 「ArdSCSino」とWinと98の大容量データやりとり方法 トップページに戻る
PC-98とWindowsマシン間でデータを交換するには、今でもUSBフロッピードライブかMOを使うかWindows95
以降のLANを使った方法しかありません。しかし前者は5インチドライブ機には無力、または受け入れ先
にもMOドライブが必要。後者は最近のWindowsではセキュリティ上の懸念からか古い仕様のファイル共有は
無効化されていますし、そもそもすべてのPC-98がWindows95以降を動かせる前提にはなっていません
(MS-LANMANなどDOS用TCP/IPスタックを使う方法はありますが、ドライバの入手や設定にひと手間を要します)

フロッピーディスクに収まる程度のファイル+3.5インチドライブ機ならUSBフロッピードライブが一番手軽
ですが、フロッピーディスクに入らないサイズのファイルとなると中々大手間です(ファイルの分割?)

そこで、RaSCSI編で取り上げた「RASCPYで他のマシンとPC-98で自在にデータやり取り」の方法を応用します

上記記事をそのまま読み取ってもいいのですが、元々RaSCSI用に書いた記事なのでArdSCSinoには応用できない
方法も含まれているため、一部再編集してここに記載します

1:ArdSCSinoで使えるディスクイメージを作る
ディスクイメージの作り方はこちらを参照
すでに使用できるディスクイメージが存在する場合はそれを使用してもいいですが、転送ツールの
使用を誤るとディスクイメージの破損につながる可能性があるため、できれば専用のものを用意した方がよい

2:作成したディスクイメージをArdSCSino用のTFカードに転送
既存ディスクイメージのSCSI-IDと重ならないようにファイル名を決めて転送(HDx0_512)

3:マウントしたArdSCSinoディスクをフォーマット
MS-DOS6.2までは「FORMAT.EXE /H」で該当ディスクを論理フォーマット→領域確保
MS-DOS7.0(Windows95)以降は「DISKINIT.EXE」(論理フォーマット)・「FDISK.EXE」(領域確保)で
正常にフォーマットまで出来たか確認するために、起動システムまで入れておくと良い

4:ディスクが読めるかどうか確認
フォーマット終了後に再起動して、増設されたデータ受け渡し用ディスクがDOS側からちゃんと読めるかどうか確認

5:転送に必要なファイルをダウンロード&作成する
・各種ディスクイメージファイルの編集:DiskExplorer
フロッピーディスクにもハードディスクにでも使える万能?ディスクエディターですね

6:DiskExplorerでディスクイメージファイルを開く
TFカードをWindows機のカードスロットに挿し、「editdisk.exe」を実行すると、ファイルを選択するウィンドウが
開きます。そこで編集したいディスクイメージを選択して下さい

・(Manual HD)を選択し、開いたウインドウの「サーチ」ボタンを押し
「IPLに確からしいものが見つかりました」というダイアログが確認できたら、上記領域リストを選択して開いてください
Disk Manual

Disk Seach

7:DiskExplorerでディスクイメージファイルを編集
Disk Window
イメージは実機でフォーマットされ、システムファイルを転送されたディスクイメージ

このウインドウが開いたら転送したいファイルをDiskExplorerにドラッグ&ドロップし
プログラムを終了させます(自動的に書き込み処理されます)

8:転送用ディスクからファイルのコピー
TFカードを再びArdSCSinoアダプタに挿しPC-98を起動させ、認識された転送用ディスクからファイルを
コピーします。転送用ディスクは必要が無くなったらマウントから外してしまっても構いません

ArdSCSinoは今のところリアルタイムにWindowsマシンからPC-98にファイルを転送する術を持ちません
どうしてもファイル転送の度にPC-98の電源を落としてTFカードを抜き、Windows機に挿してツールを使って
ディスクイメージ内にファイルを送り込むという手間を要します。その点はフロッピーやMOやLAN接続に利があります

BluePillにはUSBコネクタが存在しますが、BluePillに採用されているマイコンSTM32F103はOTGモードをサポート
していない(デバイスモードのみサポート)なため、USBコネクタにUSBメモリを接続してデータを読み書きすると
いったことはチップの仕様上できません

後継のRaspberry PI Picoを使ったBlueSCSI V2ならOTGモードをサポートしているので可能性がありますが、散々
繰り返しているように、BlueSCSI V2は国産PCの古いSCSIボードでの接続保証が不明瞭なためあまり期待できません