MPSロゴ 「変換番長PRO」で使えるブランクディスクイメージ詰め合わせセット トップページに戻る
「変換番長PRO」で使えるディスクイメージの作り方でディスクイメージを作る方法を紹介していますが
ディスクイメージを作るためだけにソフトを入れるのもなんか腑に落ちないこともあります(多分)

そんなわけで、こちらで認識・動作確認済みの各種ディスクタイプに対応したディスクイメージを置いておきます

SASIはともかく、SCSI系はSCSIボードによってディスクパラメータが異なるため、恐らくそのままでは使えないと
思います。認識さえされれば各々の環境で再フォーマットができると思いますので、それで対応をお願いします

また当然ながらMS-DOSの著作権的な意味で、COMMAND.COMなどブートシステムは一切入っていないMS-DOS
フォーマット済みの空ディスクになります

PC-98DO+で認識できるSASIディスクは40MB 1台のみです

PC-98DO+にSASIディスクを認識させる場合はこのアーカイブの中身をすべてコンパクトフラッシュに
コピーして変換番長PROに挿してください。イメージファイル名はHDDIMAGE[sasi0][lun0][256].hdf
になっていますが[sasi0]から先の部分さえ変更しなければファイル名は自由です
PC-9801-27で認識できるSASIディスクは40MB 2台までです

PC-9801-27にSASIディスクを1台認識させる場合は「1st」フォルダの中身を、2台認識させる場合は
「2nd」フォルダの中身すべてコンパクトフラッシュにコピーして変換番長PROに挿してください
イメージファイル名は一応HDDIMAGE[sasi0][lun0][256].hdf/HDDIMAGE[sasi0][lun1][256].hdfに
なっていますが、[sasi0]から先の部分さえ変更しなければファイル名は自由です

各種設定後にPC-9801-27の容量設定ディップスイッチを設定する必要があります。詳しくは
アーカイブの中の「readme.txt」を参照してください
俗にいう「NECベンダ」を返さないと停止する、PC-9801-55ボード使用時に使うイメージです
PC-9801-55で認識できるSCSIディスクは1台あたり最大400MB、4台までです

[SCSI_Image55_???MiB[scsi0][VID_NEC][PID_D????].hdn](???部分は色々異なる)という4つの
ファイルサイズが異なるファイルがありますので、好きな容量のファイルをコンパクトフラッシュに
コピーし(同じ容量をリネームしてコピーしても可)、[scsi?]の部分(SCSI-ID)を書き換えてください
詳しくはアーカイブの中の「readme.txt」を参照してください
PC-9801-92用ディスクイメージ
(40MB/128MB/256MB/400MB/540MB/1024MB/1536MB/2048MB)

「NECチェック」がなくなり、SCSIの標準的なディスクパラメータに対応した92世代のイメージです
PC-9801-92で認識できるSCSIディスクは1台あたり最大8192MB、4台までですが、変換番長の
転送速度やコンパクトフラッシュのFAT32の制限などに引きずられ、妥当だと思われる2048MB
までのイメージを収録しています

[SCSI_Image92_???MiB[scsi0].hds](???部分は各種容量)という8つのファイルサイズが異なる
ファイルがありますので、好きな容量のファイルをコンパクトフラッシュにコピーし
(同じ容量をリネームしてコピーしても可)、[scsi?]の部分(SCSI-ID)を書き換えてください
詳しくはアーカイブの中の「readme.txt」を参照してください

最高に圧縮が効いているのでアーカイブファイルのサイズは小さいですが、中身を展開すると
それなりに大きな容量になるのでご注意ください(ファイル単体で展開する方がいいです)