MPSロゴ FB98-FDSP共通補足事項 トップページに戻る
あれ?不良品かな?と思ったら→Q&A

接続したフロッピードライブを認識しない(FORMAT.EXEで増設ドライブが見えない)内蔵:外付
1:FB98-FDSP2に電源は繋がっていますか?
 ⇒ 外付:電源供給時には右上(PC接続側)のLEDが点灯します
 ⇒ 内蔵:LED点灯などは無いので、コネクタ類がしっかり挿さっているか確認してください

2:フロッピードライブ・エミュレータに電源が供給されていますか?(内蔵:外付) ⇒
 エミュレータの場合インジケータが点灯するので分かります、フロッピードライブの場合は、ドライブに
 フロッピーディスクを入れて、ドライブに耳を当て、モーターが回っている音がすれば給電されています

3:そのフロッピードライブ・エミュレータはFB98-FDSP2に接続する前に別の環境で
 動いていましたか?(内蔵:外付) ⇒ 動作しない原因の切り分けは重要です

4:PC/98モードの設定と、実際に接続されているドライブのタイプ・ケーブルが一致していますか?(外付) ⇒
 98モードの場合、ストレートケーブル+98用ドライブまたは98用に設定されたフロッピーエミュレータ
 PCモードの場合、先がねじれたPC用フラットケーブル+PC用のドライブを使用してください

5:コネクタがしっかり奥まで挿さっていますか?(外付) ⇒
 「1MB FLOPPY DISK」コネクタにFB98-FDSP2をしっかり挿し込み、左右のクリップで固定してください

6:入力側と出力側のコネクタが逆に挿さっていませんか?(内蔵) ⇒ FB98-FDSP2 Lite
 「Floppy Interface」とシールが貼ってある側がPC-98本体からのケーブルを接続するコネクタ
 「Floppy Drives」とシールが貼ってある側ががドライブ・エミュレータへ接続するコネクタです
 逆接するとデバイスを認識しないばかりかPC本体を壊す可能性もあるのでご注意ください

7:その他 ⇒ 製造元にお問い合わせください。こちらの製品は出荷時に全数動作確認をしております

フロッピードライブ/エミュレータのデータが読めない・ブートしない内蔵:外付
1:そのフロッピードライブ・エミュレータはFB98-FDSPに接続する前に別の環境で動いていましたか? ⇒
 動作しない原因の切り分けは重要です

2:フロッピーディスク・エミュレータのデータは無事/正常ですか? ⇒
 動作しない原因の切り分けはやっぱり重要です。別の環境で確認できればいいのですが・・・

3:PC/98モードの設定と、実際に接続されているドライブのタイプ・ケーブルが一致していますか? ⇒
 不一致でもたまにシステムに認識されちゃっている場合があります。もう一度組合せの確認を(外付版)

4:実はこっそり1.44MBのフロッピーディスク(データ)が紛れ込んじゃっていませんか? ⇒
 FB98-FDSP2で1.44MBを扱うには色々大変です。取り扱い方が分かる人以外は触れないほうがいいでしょう

フロッピードライブ/エミュレータのデータが読めない・ブートしない(外付版)外付
上記内容以外の外付け版特有の問題です

1:記録密度切替スイッチ(2HD/2DD/AUTO)が「2DD」になっていませんか? ⇒
 「1MB FLOPPY DISK」コネクタは、名前通り標準状態では2HD/1.2MBしか読書きすることができません
 「AUTO」で2HD/2DDモードを自動切替しますが、信号タイミングによってはうまく切り替わらないこと
 があります。システムが現在どのモードで動いているかは右上のモードLEDで判断することができます
 (緑:2HD/赤:2DD)、赤と緑が交互に点滅している状態はシステムとフロッピーのモードが一致してません
 点滅が止まらない場合は「2HD」にスイッチをスライドしてモードを固定してください
 
 なおPCモードでの「2DD」は1.44MB解釈になります(1.44MBドライバ無しでは標準で読書きできません)
 
2:「のっぺらボード」を使用しているのに、2DDからのブートが出来ない ⇒
 これはFB98-FDSP2の問題というより、PC-98とのっぺらボードの相性問題になります      
    「のっぺらボード」を挿しても、フロッピィディスク #3に「内蔵」の文字
が出てこない場合は、2DDの読書きは出来ますがフォーマット・ブート
することは出来ません。このボードの対応範囲は主に2モード専用機で
3モード対応機あたりが使えなくなる境目のようです  
3:フロッピーエミュレータと2DDディスクイメージの特別な問題 ⇒
 これは説明するのが難しいので福田さんのページをご覧ください→ レトロゲーム漫遊記

 総じて、外付けフロッピーポートで2HD/1.2MB以外を取り扱うのは面倒くさいということです


FB98-FDSP2(外付用)で2DDや1.44MBを読書きする方法

FB98-FDSP2の2DDアクセスはモード自動切換でやってくれますが、ハード的な対応を済ませてもシステム側が
2HDモード固定になっている為、MS-DOS上でドライバを組みシステムを「ダマして」やる必要があります
(ちなみにWindowsではハードウェアの帳尻を合わせてあげれば、その辺はすべて自動でやってくれるようです)

MS-DOSのフロッピーモードを2HDから2DDに切り替えるプログラム ⇒  PC98FD(R2DD.COM) Vector

FB98-FDSP(外付)のスイッチを2DDに切り替えてから組み込む。2HDとのモード切替を自動でやってくれる
わけではなく、全てにおいて手動、面倒くさい!しかにこれに代わるドライバーはメーカー製外付けフロッピー
ドライブなどに添付されていた物を除くと他に選択肢が無い

外付けフロッピーディスクを2DDでフォーマットするプログラム ⇒  FLSLT2DD Vector

外付けフロッピードライブを内蔵扱いに偽装して、フォーマットプログラム(FORMAT.EXE)をダマして?2DDも
フォーマット可能にする常駐プログラム。実はDOS内部のモードを2DDにしてくれるわけではなく、あくまでも
「内蔵扱いに偽装」しかしてくれない(元々F/Aのファイルスロット機器用に作られたプログラムなので)

外付けフロッピーディスクを2DDでフォーマット・ブートするプログラム ⇒  EXT2DDBT
(PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ こと 「まりもさんのページ」)

上のFSLOT2DDのIPLWARE版、IPLWAREなので使用にはハードディスクを必要とする
外付けフロッピードライブを内蔵扱いに偽装して2DDフォーマットを可能にしたほか「のっぺらボード」動作対
象外である3モード対応機でも疑似的に2DDフロッピーブートを可能にします
ただし偽装できるのは1ドライブ目だけで、2ドライブ目はブートもフォーマットもできません(切替は可)

外付けフロッピーディスクを1.44MBで読書きできるようにするプログラム ⇒  1_44MB Vector

2HD/1.2MBと2HD/1.4MBの違いはハード的なもの(360回転か300回転か)と、ソフト的なもの(1024byte/sec
か512byte/secか)の違いで、転送レート自体は同じ500kbpsなので、そのソフト的な部分の差異を吸収して
1.44MBをアクセスできるようにするプログラム。こっちは2HD/1.2MBと2HD/1.4MBを自動的に切り替えて
くれる。FB98-FDSP2(外付)で1.44MBを扱うにはPCモードの場合「AUTO」か「2DD」にスイッチを切り替えて
PC-98の場合「AUTO」か「2HD」のままで対応できる(疑似モード切替・3モード対応ドライブ使用時)
機械的回転数切替を伴わないフロッピーエミュレータの場合は組み込むだけでOK

標準2HD/1.2MB以外は、何かしらのワンクッションの作業が伴うので、どうしても使 わなければならない場合を除き、あまり意識しないことをお勧めいたします