MPSロゴ PM-DOCE98/DOP Rev.B取扱説明書(BOOTH版) トップページに戻る
この度はPC-98DO+専用内蔵SASIインターフェース変換&マウント基板「PM-DOCE98/DOP」を
お買い上げいただきありがとうございます

この基板は、NECのPC-9801&PC-8801ハイブリッド機である「PC-98DO+」の内蔵SASI-HDDスペースに
SxSIエミュレーションテクノロジーである「RaSCSI」または「変換番長」を内蔵し、SCSIボードで
埋まりがちな貴重な1つしかないCバススロットを開放することができます
(内蔵SASIインターフェースを使用できるのは98モードのみとなります、88モードでは使用できません)

この変換基板の他に
RaSCSI Adapter Lite あいぼむプロダクツ 製
「RaSCSI Adapter Lite」+RaspberryPI(3/4/Zero)
RaSCSIダイレクト すきま工房 製
RaSCSI ダイレクトリンクシールド(50ピン版)+
Raspberry PI Zero専用
変換番長PRO クラシックPC研究会 製
「変換番長シリーズ」+コンパクトフラッシュ
のどれかが必要になります。別途ご用意をお願いします

付属内容物一覧
PM-DOCE98/DOP基板本体1個固定用スペーサー4個
超短50pinフラットケーブル1個固定用ネジ(M3)9個
アクセスLED用信号ケーブル1個
別途用意するもの
あいぼむプロダクツ製「RaSCSI Adapter Lite」ご使用の場合
「RaSCSI Adapter Lite」本体
「Raspberry PI」(3/4/Zero/Model A+)
「microSDカード」
「ペリフェラル4ピン電源分岐ケーブル」
(Ainexの「D2-1501B」やサンワサプライの「TK-PW72N2」など)
すきま工房製「RaSCSIダイレクトリンクシールド」ご使用の場合
「RaSCSIダイレクトリンクシールド」本体
「Raspberry PI Zero」(Zero専用)
「microSDカード」

<アクセスLEDを点灯させる場合のみ>
2ピンのライトアングルピンヘッダ
クラシックPC研究会製「変換番長シリーズ」ご使用の場合
「変換番長」本体(初代・PROほか)
「コンパクトフラッシュ メモリカード」

<アクセスLEDを点灯させる場合のみ>
2ピンのストレートピンヘッダ



組み込み方法~「変換番長(PRO)」で使用する場合
組み込み方法~「RaSCSIダイレクトシールド」で使用する場合
組み込み方法~「RaSCSI Adapter Lite」で使用する場合
1:まずPC-98DO+の筐体カバーを開けます
Cバススロットの上、電源ユニット寄りの場所に
本来のSASI-HDD(PC-98DO/P-35)を取り付け
固定する金属製の”ツメ”が2つありますので
このツメをマイナスドライバーなどで軽く
広げてください
2:続いてPC-98DO+のフロッピー2ドライブ側に
接続されている電源ケーブルを取り外し、用意した
ペリフェラル4ピン電源分岐ケーブルに接続し
片方を元のフロッピードライブに、もう片方は
フリーにしておきます
3:PM-DOCE98/DOP変換基板にスペーサーを
取り付けます。基板上に「3.5INCH STORAGE」
と書かれている所と枠線がありますのでその外周側
のネジ穴に「3.5」と書かれたものがありますので
そこに裏側からネジを通し指で押さえながら
スペーサーを仮固定します。その後スペーサーを
指やペンチでつまみながらプラスドライバーで
「軽く」ネジを締めます(強く締めちゃだめ)

スペーサーに取り付けるネジは4本だけです
4:続いて「RaSCSI Adapter Lite」
(以下:RaSCSI)の準備をします。まずRaSCSIに
Raspberry PIを取り付けます。続いて変換基板に
付属の超短50pinケーブルをRaSCSIのコネクタに
取り付けます

RaSCSIに付属しているネジ類は使用しません
5:変換基板をPC-98DO+に組み込みます
コネクタ類が密集している側の左右に”くぼみ”が
あります。このくぼみに「1:」で広げたツメを
差し込み、前方にスライドさせ基板を差し込みます

そしてPC-98DO+の電源ユニット側にぶら下がって
いる、どこにも接続されていない34pinコネクタ
(これが内蔵SASIインターフェースコネクタです)を
変換基板のコネクタに接続します。ついでに
アクセスLEDケーブルを白いコネクタに接続します
6:RaSCSIを変換基板に取り付けます。先に
超短ケーブルをコネクタに接続します。続いて
残りのネジ4個を使ってRaSCSI基板を固定します

超短ケーブルのたわみの影響でRaSCSIのネジ穴
位置が若干ズレるので、反対側から指で押さえ
ながらネジ穴位置を合わせつつドライバーで
ネジを固定してください
7:残った最後のネジを変換基板のコネクタ類が
密集している所から見て右下にあるネジ穴に差し込み
基板自体を固定します。うまくネジ穴が合わない場合
はフロッピー2ドライブの電源コネクタを若干持ち
上げつつ基板をスライドさせてあげるとうまく
ネジ穴が合うと思います

注釈:
見やすくするためにRaSCSIを外して撮影しています
8:「2:」でフリーになっていたもう1つの
ペリフェラル電源コネクタをRaSCSIに接続します
9:変換基板に先ほど接続したアクセスLED用
ケーブルをRaSCSIの「ACT LED」と書かれている
ヘッダピンに取り付けます

赤黒の線が逆だと前面アクセスLEDが点灯しません
ので方向をよく確認の上接続してください
10:DO+のSASIコネクタ側にジャンパピンが
あります。このジャンパピンを手前から見て右側に
挿し替えます(初期は左側に挿さっているはず)

このジャンパはアクセスLEDの極性変更ジャンパです
SxSIエミュレータによってLED出力仕様が異なるため
必要に応じて切り替えてください

※設定が合わないと前面のHDD LEDが点灯しないか
点灯しっぱなしの状態になります
11:PC-98DO+の本体ディップスイッチSW2-6をOFF(内蔵固定ディスク使用)にします
12:RaSCSI(この場合はRaSCSI Adapter Liteの方ではなくGIMONS氏が開発されたSxSIエミュレーター
ソフトウェアのほうのRaSCSIを指す)の設定を行います

PC-9801のSASI-HDD設定は動作・設定情報が少ないのもあって、動かすまでの敷居が意外と高いです

そんなわけで、リンク先にベアメタル版使用という条件は付きますが、設定済みブランクディスクイメージ
(40MB)と導入方法を記したページを用意しました。設定済みブランクディスクイメージをmicroSDカードに
コピーし、RaSCSIの公式ページ(GIMONS DEVELOPER WORKS)からベアメタル用プログラムをダウンロード
してRaspberry PIに挿せば、特に難しい設定も必要なくPC-98DO+側からはHDDとして認識されると思います
13:PC-98DO+を98モードのフロッピーディスクで起動し、FORMAT.EXEなどで「固定ディスク」の
表示が確認できれば、PM-DOCE98/DOP+RaSCSI Adapter Lite組合せでの内蔵SASIインターフェースが
動いています、成功おめでとうございます!
末尾の注意事項へ


組み込み方法~「RaSCSIダイレクトリンクシールド」で使用する場合
1:まずPC-98DO+の筐体カバーを開けます
Cバススロットの上、電源ユニット寄りの場所に
本来のSASI-HDD(PC-98DO/P-35)を取り付け
固定する金属製の”ツメ”が2つありますので
このツメをマイナスドライバーなどで軽く
広げてください
2:続いてPC-98DO+のフロッピー2ドライブ側
そばにバンドで束ねられた本来のSASI-HDD用
電源ケーブルがありますので、これをバンドから
外して広げておいてください
3:PM-DOCE98/DOP変換基板にスペーサーを
取り付けます。基板上に「3.5INCH STORAGE」
と書かれている所と枠線がありますのでその外周側
のネジ穴に「3.5」と書かれたものがありますので
そこに裏側からネジを通し指で押さえながら
スペーサーを仮固定します。その後スペーサーを
指やペンチでつまみながらプラスドライバーで
「軽く」ネジを締めます(強く締めちゃだめ)

スペーサーに取り付けるネジは4本だけです
4:続いて「RaSCSIダイレクトリンクシールド」
(以下:RaSCSI DLS)の準備をします。まずRaSCSI
DLSにRaspberry PI Zeroを取り付けます。続いて
変換基板に付属の50pinケーブルをRaSCSI DLSの
コネクタに取り付けます
RaSCSI DLSに付属しているネジ類は使用しません

公式ではRaSCSI Zeroのみ取り付けれるそうですが
形状的にModel A+も取り付けれそうです(未確認)
(Raspberry PI 3B+/4B+は物理的に無理)


EX:RaSCSI DLSのアクセスLEDピン増設

RaSCSI DLSは元々X68000シリーズへの装着を
想定されているため、98で使うには少々手直しする
ところがあります。手直ししなくても基本的な動作
には問題ありませんが、DO+前面のHDDアクセス
ランプが点灯しないなどの弊害がありますので
気になる人は各自でLED用ピンをハンダづけして
ください

ピンの取付場所は、50ピン版では使われていない
26ピンコネクタパターンの矢印のところ(16ピン)
に直接ライトアングルピンヘッダをハンダづけ
してください。裏側がコネクタなので貫通は
できないですが、ピンの根元にちょっとハンダを
たらして固定するくらいで充分です

使うピンは必ずライトアングルで、ストレートだと
RaSCSI DLSを変換基板に固定できなくなります
5:変換基板をPC-98DO+に組み込みます
コネクタ類が密集している側の左右に”くぼみ”が
あります。このくぼみに「1:」で広げたツメを
差し込み、前方にスライドさせ基板を差し込みます

そしてPC-98DO+の電源ユニット側にぶら下がって
いる、どこにも接続されていない34pinコネクタ
(これが内蔵SASIインターフェースコネクタです)を
変換基板のコネクタに接続します。ついでに
アクセスLEDケーブルを白いコネクタに接続します
6:RaSCSI DLSを変換基板に取り付けます。先に
超短ケーブルをコネクタに接続します。続いて残りの
ネジ2個を使ってRaSCSI DLS基板を固定します
取り付けるネジ穴は、左右4つづつあるネジ穴のうち
SCSIコネクタから見て2番目です。超短ケーブルの
たわみの影響でRaSCSI DLSのネジ穴位置がズレる
ので、反対側から指で押さえながらネジ穴位置を
合わせつつドライバーでネジを固定して下さい
(RaSCSI DLSの反発が相当あるので力がいります)

上のスペーサー4個に対して何でネジ2個?と思わ
れると思いますが、基板の高さ安定のためです
EX:上のアクセスLED用ピンヘッダを増設している
場合は先立ってコネクタを写真のように挿し込んで
おいてください。先にネジ止めしてしまうとコネクタ
を挿し込むのが大変です(というか無理)
7:残ったネジのうち1つを変換基板のコネクタ類が
密集している所から見て右下にあるネジ穴に差し込み
基板自体を固定します。うまくネジ穴が合わない場合
はフロッピー2ドライブの電源コネクタを若干持ち
上げつつ基板をスライドさせてあげるとうまく
ネジ穴が合うと思います

注釈:
見やすくするためにRaSCSIを外して撮影しています


8:RaSCSI DLSに電源コネクタを接続します
このコネクタもX68000シリーズに応じた3ピン
コネクタなので、通常の4ピンタイプフロッピー
ミニコネクタとはちょっと形が異なります

DO+の2ドライブ目側にある、本来のSASI-HDDに
電源を供給するコネクタを結束から外しRaSCSI
DLSに接続します。その際に気を付けるのは、必ず
橙の線をコネクタから浮かせることです、この橙の
線は12V線です、うっかり1ピンずれて接続すると

発煙 or 燃えます

電源ケーブルを接続の際はよく確認をお願いします
9:DO+のSASIコネクタ側にジャンパピンが
あります。このジャンパピンを手前から見て右側に
挿し替えます(初期は左側に挿さっているはず)

このジャンパはアクセスLEDの極性変更ジャンパです
SxSIエミュレータによってLED出力仕様が異なるため
必要に応じて切り替えてください

※設定が合わないと前面のHDD LEDが点灯しないか
点灯しっぱなしの状態になります
10:PC-98DO+の本体ディップスイッチSW2-6をOFF(内蔵固定ディスク使用)にします
11:RaSCSI(この場合はRaSCSIダイレクトリンクシールドの方ではなくGIMONS氏が開発された
SxSIエミュレーターソフトウェアのほうのRaSCSIを指す)の設定を行います

PC-9801のSASI-HDD設定は動作・設定情報が少ないのもあって、動かすまでの敷居が意外と高いです

そんなわけで、リンク先にベアメタル版使用という条件は付きますが、設定済みブランクディスクイメージ
(40MB)と導入方法を記したページを用意しました。設定済みブランクディスクイメージをmicroSDカードに
コピーし、RaSCSIの公式ページ(GIMONS DEVELOPER WORKS)からベアメタル用プログラムをダウンロード
してRaspberry PIに挿せば、特に難しい設定も必要なくPC-98DO+側からはHDDとして認識されると思います
12:PC-98DO+を98モードのフロッピーディスクで起動し、FORMAT.EXEなどで「固定ディスク」の
表示が確認できれば、PM-DOCE98/DOP+RaSCSI DLS組合せでの内蔵SASIインターフェースが動いて
います、成功おめでとうございます!
末尾の注意事項へ


組み込み方法~「変換番長(PRO)」で使用する場合
1:まずPC-98DO+の筐体カバーを開けます
Cバススロットの上、電源ユニット寄りの場所に
本来のSASI-HDD(PC-98DO/P-35)を取り付け
固定する金属製の”ツメ”が2つありますので
このツメをマイナスドライバーなどで軽く
広げてください
2:続いてPC-98DO+のフロッピー2ドライブ側
そばにバンドで束ねられた本来のSASI-HDD用
電源ケーブルがありますので、これをバンドから
外して広げておいてください
3:PM-DOCE98/DOP変換基板にスペーサーを
取り付けます。基板上に「2.5INCH STORAGE」
と書かれている所と枠線がありますのでその外周側
のネジ穴に「2.5」と書かれたものがありますので
そこに裏側からネジを通し指で押さえながら
スペーサーを仮固定します。その後スペーサーを
指やペンチでつまみながらプラスドライバーで
「軽く」ネジを締めます(強く締めちゃだめ)

スペーサーに取り付けるネジは4本だけです
4:続いて「変換番長」の準備をします。変換番長に
PM-DOCE98/DOPに付属の超短50pinケーブルを
コネクタに取り付けます


EX:変換番長のアクセスLEDピン増設

変換番長には標準で外部アクセスLED信号を接続
するピンがありません。付けなくても基本的な動作
には問題ありませんが、DO+前面のHDDアクセス
ランプが点灯しないなどの弊害がありますので
気になる人は各自でLED用ピンをハンダづけして
ください

使うピンは必ずストレートで、ライトアングルだと
変換番長の右下ネジ穴に変換基板を固定できなく
なります(ネジ無しでもいいならライトアングル可)
5:変換基板をPC-98DO+に組み込みます
コネクタ類が密集している側の左右に”くぼみ”が
あります。このくぼみに「1:」で広げたツメを
差し込み、前方にスライドさせ基板を差し込みます

そしてPC-98DO+の電源ユニット側にぶら下がって
いる、どこにも接続されていない34pinコネクタ
(これが内蔵SASIインターフェースコネクタです)を
変換基板のコネクタに接続します。ついでに
アクセスLEDケーブルを白いコネクタに接続します
6:変換番長を変換基板に取り付けます。先に超短
ケーブルをコネクタに接続します。続いて残りのネジ
4個を使って変換番長を固定します。超短ケーブルの
たわみの影響で変換番長のネジ穴位置が若干ズレる
ので反対側から指で押さえながらネジ穴位置を合わせ
つつドライバーでネジを固定してください
7:残った最後のネジを変換基板のコネクタ類が
密集している所から見て右下にあるネジ穴に差し込み
基板自体を固定します。うまくネジ穴が合わない場合
はフロッピー2ドライブの電源コネクタを若干持ち
上げつつ基板をスライドさせてあげるとうまく
ネジ穴が合うと思います

注釈:
見やすくするために変換番長を外して撮影しています
8:「2:」で広げておいたSASI-HDD用電源
コネクタを変換番長に接続します。形状が若干異なり
ますが挿し込むことができます
EX:変換基板に先ほど接続したアクセスLED用
ケーブルを変換番長の「- LED +」と書かれている
ヘッダピンに取り付けます(-が黒・+が赤)

赤黒の線が逆だと前面アクセスLEDが点灯しません
ので方向をよく確認の上接続してください

変換番長のLED用ピン穴にピンをハンダづけして
いない場合は線をどこかに束ねておいてください
9:DO+のSASIコネクタ側にジャンパピンが
あります。このジャンパピンを手前から見て右側に
挿し替えます(初期は左側に挿さっているはず)

このジャンパはアクセスLEDの極性変更ジャンパです
SxSIエミュレータによってLED出力仕様が異なるため
必要に応じて切り替えてください

※設定が合わないと前面のHDD LEDが点灯しないか
点灯しっぱなしの状態になります
10:PC-98DO+の本体ディップスイッチSW2-6をOFF(内蔵固定ディスク使用)にします
11:変換番長の設定を行います
PC-9801のSASI-HDD設定は動作・設定情報が少ないのもあって、動かすまでの敷居が意外と高いです

そんなわけで、リンク先に変換番長PROの設定済みブランクディスクイメージ(40MB)と導入方法を記した
ページを用意しました。設定済みブランクディスクイメージをコンパクトフラッシュにコピーし変換番長に
挿せば特に難しい設定も必要なくPC-98DO+側からはHDDとして認識されると思います
(旧版変換番長はコンパクトフラッシュを独自ファイルシステムでフォーマットしています)
12:PC-98DO+を98モードのフロッピーディスクで起動し、FORMAT.EXEなどで「固定ディスク」の
表示が確認できれば、PM-DOCE98/DOP+変換番長組合せでの内蔵SASIインターフェースが動いて
います、成功おめでとうございます!


おまけ:変換番長(旧)のアクセスLEDピン

写真のように線を繋いでください。あと極性変更
ジャンパは左側(デフォルト)でOKです

変換番長はターミネータ抵抗の設置が必要ありません
また、バスパワースイッチは「OFF」でOKです
(元々SASIはバスパワーが供給されていないので)


PM-DOCE98/DOPをPC-98DO+で使用する際の制限事項

PC-98DO+で内蔵SASIインターフェースを使用する場合は、SASIというハードディスクインターフェースの
規格上、最大認識容量は40MBまでとなります

またSASI規格ではハードディスクは最大40MBが2台まで接続できることになっておりますが、PC-98DO+の内蔵
SASIインターフェースは2台設定を行っても1台分しか認識されません

PM-DOCE98/DOPやRaSCSIや変換番長の制限というより、PC-98DO+の内部的な制限ですね

そういう仕様なので、40MB以上の容量を使いたい場合はディスクイメージの動的な切替で対応してください

謝辞
PC-98DO+のSASIインターフェース・ピンアサインの原案となった「ASAYAN-TOWN」のあさヤン 様
https://www.asayan-town.com/

内蔵用RaSCSI変換基板である「RaSCSI Adapter Lite」を開発された、あいぼむプロダクツ 様
http://products.aibom.net

内蔵用RaSCSI変換基板である「RaSCSIダイレクトシールド」を開発された、すきま工房 様
https://sukima-studio.booth.pm/

変換番長ほか、クラシックPCに応用の効く色々な周辺ハードを開発されている クラシックPC研究会 様
https://classicpc.org/

そして「RaSCSIテクノロジー」というクラシックPCにとって一番の悩みの種であるストレージ問題の
解決に大革命を起こした「GIMONS DEVELOPER WORKS」のGIMONS 様
http://retropc.net/gimons/index.html

この場を借りてお礼を申し上げます