MPSロゴ PM-DOCE98/FA取扱説明書(グラフィカル版) トップページに戻る
この度はPC-9821A-MATEシリーズIDEカートリッジ用SCSIインターフェース変換基板「PM-DOCE98/FA」を
お買い上げいただきありがとうございます

この変換基板はPC-9821Aシリーズで採用されているIDE-HDDを内蔵するハードディスクカートリッジ、通称
「IDE籠」に入っている基板をSCSI-HDDが取り扱える基板に置き換え純正品「PC-9801FA-35/37相当」に
します(IDE/SCSI相互使用は不可)


これにより、A-MATEにてSCSIディスクを内蔵可能にします(別途専用SCSIインターフェースが必要です)

ほか、IDEカートリッジをSCSI化することにより同じHDD増設手段を持つPC-9801Fシリーズの内蔵HDD増設にも
お使いいただけます

付属内容物一覧
PM-DOCE98/FA基板本体1個
超短50pinフラットケーブル1個
アクセスLED用信号ケーブル1個
簡易取扱説明書(本書)1個
電源ケーブルはIDE基板からの流用になります

別途用意するもの
PC-9801FA/FS/FX・PC-9821Aシリーズ専用スロット用SCSIインターフェース
(純正PC-9801FA-02やPC-9821A-E10、拙作PC-SC301NS+SCSIボードなど)

・SCSI-HDD相当の動作をする内蔵ストレージ
ネイティブSCSI-HDD・RaSCSI Adapter Lite・変換番長PRO・SCSI2SD・CF AztecMonsterなど

ネジ穴は3.5インチHDDコンパチブルなので3.5インチのものはそのまま装着可能、2.5インチの
ものは市販の汎用変換マウンター+電源変換ケーブルを併用して適時接続してください


基板の設置方法

1:A-MATEのフロントパネルとHDDカートリッジの固定ネジを外し、HDDカートリッジを取り外す


2:HDDカートリッジのネジを外して開封、IDE-HDD(ある場合は)とIDE用の基板を取り外す


3:IDE用の基板から電源ケーブルを取り外す(後で使用します)



4:IDE用基板を取り外したところに、PM-DOCE98/FAを取り付け、ネジ止めする

重要1
A-MATE用IDE-HDD用カートリッジはNECをはじめ色々なメーカーから発売されていますが、これら全ての基板
固定ネジ穴位置や電源ケーブル接続を把握するのは大変困難な為、PM-DOCE98/FA基板取り付けを想定している
HDDカートリッジは今のところ「NEC純正IDE-HDDカートリッジ」(PC-HD170A/240A/340A/510Aまたは
PC-9821A-E05/E06/E07)専用とさせていただきます
(設置確認が取れたサードパーティ製IDEカートリッジは報告があればWebの方で公開したいと思います)


5:PM-DOCE98/FA基板にIDE基板から取り外した電源ケーブルと付属の
SCSIフラットケーブルアクセスLED用ケーブルを取り付ける

重要2
NEC純正のIDE基板なら問題ありませんが、サードパーティ製IDE基板を試す場合は電源コネクタの色の順番を必ず確認して下さい。 物理的な形状が合っていても、12Vと5Vが逆に接続されている場合があります(確認できたのはICM製のIDE基板)

もしも確認せずに逆接して電源を入れると、本体やHDD側の発煙・故障の原因になりますのでご注意
ください


6:新しいSCSI内蔵ストレージに各種ケーブルを接続→HDDカートリッジにネジで固定する
(写真ではあいぼむプロダクツのRaSCSI Adapter Liteを接続しています)



7:HDDカートリッジを閉じてネジ止めし、A-MATEのHDDスロットに挿し込みネジ止め・フロントパネルを
取り付けて、背面のSCSI専用スロットに専用SCSIカードが無い場合はカードを挿しこんで動作確認する
動作確認とアクセスLED

アクセスLED用コネクタは一般的な2.54mmピッチのピンヘッダに挿せるタイプです
接続するSCSI-HDDのタイプに応じて調整してください

また、どっちかが正極かはHDDによって異なるため、接続しても本体のアクセスLEDが点灯しない場合は
逆向けに取り付けなおしてみたりしてください。逆向けに取り付けても本体や基板は壊れたりしません

基板上のジャンパーピンについて

基板上のジャンパーピンは一部のSCSIストレージエミュレータのアクセスLED信号の極性が逆になっているため
常時=点灯・アクセス時=消灯、となる場合があります。もし、このような症状が現れた場合はジャンパーピンを
挿し替えてみてください症状が改善する可能性があります(初期状態でピンが逆になっている場合もあります)