MPSロゴ PM-DOCE98/RD取扱説明書(グラフィカル版) トップページに戻る
この度はPC-9801R・Dシリーズ&VM11・GS ハードディスク専用スロット用
ストレージマウンタ「PM-DOCE98/RD」をお買い上げいただきありがとうございます

このストレージマウンタは上記機種の背面右側に備え付けられている、今となっては全く使い物にならない
「ハードディスク専用スロット」に装着することができる2.5/3.5インチ汎用ストレージマウンタになります
PC-9801R・Dシリーズ&VM11・GS ハードディスク専用スロット(写真のはPC-9801RA21)

対応機種
・PC-9801RA2/RA5/RX2/RX5/RA21/RA51/RS21/RS51/RX21/RX51
・PC-9801DA2/DA5/DA7/DS2/DS5/DX2/DX5(3.5インチ/5インチモデル)
・PC-98RL2/RL5/RL21/RL51/GS PC-9801VM11
付属内容物一覧
PM-DOCE98/RD基板本体 1個電源ケーブル(5V専用) 1個
アクセスLED用信号ケーブル 1個ドライブ固定用ネジ(M3 4mm)8個
ドライブ固定用スペーサー(M3 5mm)4個基板固定ブラケット 1個
取扱説明書(本書) 1個

別途用意するもの
「ストレージマウンタ」なのでSCSIかIDE信号を別途どこからか引き込む必要があります
IDE機器を使用できるIDE-98は現在では入手が現実的ではないので、内蔵コネクタ(パターン)を
持つSCSIボードをお勧めします(アイ・オー・データのSC-98IIIやBUFFALOのIFC-NNなど)
内蔵コネクタを持つCバス接続のSCSIボード

新しい世代のSCSIボードでパターンはあれど、標準でコネクタを
持つものは無いので各自でスルーホールを抜いてSCSIコネクタを
ハンダ付する必要があります。地味に難易度が高いです
(左の写真はアイ・オー・データのSC-98III改造版)
SCSI-HDD相当の動作をする内蔵ストレージ
(写真はあいぼむプロダクツ製RaSCSI Adapter Lite)

ほかには・・・
変換番長PROSCSI2SDSD AztecMonster など

SCSIエミュレータ系は転送速度が1~2MB/sくらいなので、
高速転送SCSIの速度を生かすには機械駆動SCSIの大容量品か
SCSI2SD V6 or SD(CF) AztecMonsterが良い
(MS-DOSを使う限りではあまり気にする必要はないと思います)
その他:50芯のSCSIフラットケーブル。適切な長さにカットして自分で作ると結線がスマートになる
構造上、機械式のネイティブSCSIハードディスクを搭載することができますが、動作品の入手性と別途
12Vの電源を必要とすること、ハードディスクの重さに基板が耐えられるか未知数なのでお勧めしません

PM-DOCE98/RDの設置方法

1:まず付属の固定ブラケットを取り付けます。基板の片方に正方形の金属キューブが取り付けられており、
そこに取り付けられているネジを取り外します。ネジを取り外したら固定ブラケットをあてがいネジ止めします


2:次にスペーサーとネジ(4個)を、取り付けるストレージに応じてネジ止めします。ネジ穴そばのシルクに
「RA」と書いてあるのが3.5インチ穴、「BA」と書いてあるのが2.5インチ穴です。スペーサーは必ず部品面側に
取り付けてください(PC-98の専用スロットに装着した際にすべてCバススロット側に部品が来ます)


3:使いたいストレージを取り付けます。残ったネジで固定します、ストレージによっては
4本全部使わず2本の場合もあるかもしれません、そのあたりは臨機応変に対応してください


4:PM-DOCE98/RD基板に付属の電源ケーブル、アクセスLEDケーブルを取り付けます


5:ストレージに信号ケーブル、電源ケーブル、アクセスLEDケーブルを取り付けます。電源
ケーブルは形状が2種類ありますので、取付先のコネクタの形状に応じて接続してください




6:PM-DOCE98/RD基板をPC-9801本体に挿し込みます。目隠し板がある場合は先に取り外しておいてください
RA21やDAには隣にSCSI用コネクタがありますが、絶対に挿さないでください(挿さらないとは思いますが)
ピン配置が全く違うので電源を入れると基板が燃えたり本体が壊れたりします


7:固定ブラケットをPC-98本体側のネジでネジ止めし、信号ケーブルをCバスSCSIに挿せば終了です
※ブラケット固定ネジがない場合はPC-98のカバーを止めているネジを2つ転用してください

ジャンパ設定とアクセスLED関係


PM-DOCE98/FAと設定は同一なのでこちらをご覧ください

その他機能説明
外部:USB-Aコネクタ

標準使用では「給電専用」です。使える電力は5V 500mA
以下です。FB98-FDSPへの電力供給などにお使いください

Raspberry PIなどへの給電用途などには使わないでください、電源保護回路が働きます

内部microUSBコネクタにRaspberry PIなどのUSB I/Oを接続
すると外部データ通信ポートとして使用できます

内部:microUSB-Bコネクタ

主に内部からのUSB I/Oを外部のUSB-Aコネクタを通してパス
スルーします。RaSCSIを「OSモード」で運用する際
Raspberry PIからのUSB I/Oを外部に出力して使用することを
想定しています

市販の短いmicroUSBケーブルを用いてRaspberry PIからの
USB信号を接続してください

microUSBコネクタが過剰な力に弱いので接続時注意

注:「OSモード」
Raspberry Pi OS上でRaSCSIが動いている状態
外部:緑色LED

USB-Aコネクタが上記Raspberry PIに接続されている時は
「データ通信可能」として点灯します
内部:FB98-EXCHAD用アドオンボードコネクタ

別売りの2HD/2DD自動切換え&「のっぺらボード機能」付加 アドオンボード「FB98-EXCHAD」を取り付けるコネクタ です。取付の際にはジャック穴を隠している目隠しテープをはが してください

補足説明(電力関係)
「ハードディスク専用スロット」土台コネクタの給電能力が不明な為、Cバススロットと同じくらいということで
電力計算しています。よって、Cバススロットに拡張ボードをたくさん増設した状態だと、PC-9801やストレージ
が動作不安定になる可能性があります

特にRaSCSIのOSモードは土台コネクタからの給電ではまず動きません
Raspberry PIのOSモードでの消費電力は思った以上に大きいです

ちなみにベアメタル版RaSCSIや変換番長などは土台コネクタからの給電でそれなりに動きます

動作が不安定/動かない場合は、PM-DOCE98/RD基板上の電源コネクタをストレージから切り離し、
PC-9801内部のペリフェラル4ピン電源から市販の延長ケーブルなどを使用して給電してください
元々のSASI-HDD用電源ケーブルがある場合はそれを、無い場合は5インチフロッピードライブの
電源から分岐して給電してください(SASI-HDD用給電ケーブルは片方が特殊なんです)


5インチフロッピードライブの電源コネクタの1つを市販の二股電源ケーブルを接続し片方をドライブへ
もう片方は恐らくPM-DOCE98/RDまで届かないと思うので、もう1つ延長ケーブルを用いて接続する


標準のSASI-HDD用の電源ケーブルがあれば、それをそのまま使ってPM-DOCE98/RDへ接続できる


このケーブルは片方のコネクタが特殊な形をしているので市販品では代用が効かないのが悩み
次回ロットを生産することがあったら、この辺の仕様が大きく変わるかもしれません
もしくはケーブルだけ何かの手段で頒布するとか

標準で4ピンペリフェラルコネクタを持たないPC-9801DA/DS/DXの3.5インチFDDユーザーの方は
ご相談ください(3.5インチモデルゆえ、3.5インチフロッピー用のミニ電源コネクタなので)