MPSロゴ 「RaSCSI」でのディスクイメージ命名規則 トップページに戻る
公式ページ(GIMONS DEVELOPER WORKS)のRaSCSI(OS版)では触れられていますが
ベアメタル版ばかり多用していると、意外と忘れがちなので備忘録的に書いておきます

SCSI形式
.HDS SCSI形式イメージデータスタンダード(XM6で作られる)
.HDN NEC PC-9801-55用SCSI形式イメージ(ベンダ名にNECを返しチェックを回避する&容量取得方式が少し異なる)
.HDI Anex86 EPSON PC 98互換機エミュレータのハードディスクイメージ形式
.NHD T98-NEXT PC-9801エミュレータのハードディスクイメージ形式
.HDA Apple Macintosh純正ハードディスクエミュレーション、容量取得方式が少し異なるらしい?
.MOS MO形式 128MB/230MB/540MB/640MB対応
.ISO CD-ROM/DVD-ROM標準フォーマット(DVDはOSが読み書きサポートしてないと読めない)
PC-98で使う場合はHDS/HDI/NHD/MOS/ISOで55ボードで使うときのみHDN。ディスクパラメータはハード的に調整
 
SASI方式
.HDF SASI形式 PC-9801の場合は最大40MB×2台まで(PC-98DO+を除く)
 
その他
bridge SCSIコミュニケーションポート RASDRVやRASETHERで使う。古いSCSIボードだとサポートしてない
場合がある。SCSIの一機能なのでSASI機では使えない、ID6に割り当てられることが多い

RaSCSI(OS版)でディスクイメージをマウントする方法
ディスクをマウントする場合(ブリッジ以外ID0指定)
rasctl -i 0 -c attach -t hd -f scsiimg1.hds
MOを追加する場合
rasctl -i 0 -c attach -t mo -f scsiimg1.mos
CD を追加する場合
rasctl -i 0 -c attach -t cd -f scsiimg1.iso
ブリッジモードを追加する場合
rasctl -i 6 -c attach -t bridge
ディスクを削除する場合
rasctl -i 0 -c detatch
メディアの挿入(MO)
rasctl -i 0 -c insert -t mo -f motest.mos
メディアの挿入(CD)
rasctl -i 0 -c insert -t cd -f cdtest.iso
メディアのイジェクト(MO/CD)
rasctl -i 0 -c eject
今はいいフロントエンドがあるので、わざわざSSHでログインして
コマンドラインからディスクを変更することはあまりないと思います

あと、この変更は一時的なものなので、Raspberry PIの電源を切るとマウント情報は消えます

RaSCSI(ベアメタル版)でディスクイメージをマウントする方法
microSDカード内にある「rascsi.ini」という
ファイルをテキストエディタで編集してください
ID0 scsiimg1.hds
ID1 scsiimg2.hds
ID2 scsiimg3.hds
ID3 scsiimg4.hds
ID4 scsiimg1.mos
ID5 scsiimg1.iso
ID6 bridge
PC-98の場合、同時に認識できるSCSIディスクの台数は4台まで
それにMOとCDとブリッジを加えるとSCSI-IDが全部埋まります

MOはシステムが入ってると優先してブートしちゃうからちょっと扱い難しいかな?

動的なディスクイメージの入れかえはPC-98版RASCTL を使います(必ずブリッジモードを有効にしてください)

RaSCSI(ベアメタル版)でSASIイメージをマウントする方法
microSDカード内にある「rascsi.ini」という
ファイルをテキストエディタで編集してください
HD0 scsiimg1.hdf
HD1 scsiimg2.hdf

"ID"ではなく"HD"です、意外とハマります
ちなみにSASIの仕様上、MOもCDもブリッジも使えません

PC-98のSASIをベアメタル版で認識させるには一工夫あるんですが、それはまた別のページで